熱中症について

熱中症とは

春から夏にかけ、気温もどんどん上昇し、太陽の光がジリジリと照り付ける季節へと変わっていきます。そんな暑い夏に良く聞くのが「熱中症」という症状ですよね。みなさんは、この「熱中症」という症状についてご存じしょうか?

☆熱中症とは・・・?
気温が高い環境で発生する、体の不調などの総称です。
人間の体は、常時体温を保つために、気温が上がれば汗を出し、体を冷やそうとします。しかし、長時間高温や多湿の場所にいると、汗と共に体の塩分や水分を奪われてしまったり、湿度が高い場合は、汗が上手く蒸発せず体に熱が溜まった状態になってしまうことが原因で引き起こされるのです。

熱中症を大きく分類すると、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱けいれん、熱射病、の4つに分類されます。後ほど詳しくご紹介しますが、ここでは簡単に種類と原因をご紹介します。

・熱失神
熱中症の中では初期症状とされています。直射日光を浴び続けていたり、高温多湿の室内にいたりすると、血流が減少し唇のしびれ、めまい、突然倒れる軽い失神などの症状があります。

・熱疲労(熱ひはい)
大量の汗をかくことによって、体の水分・塩分などが追い付かず、脱水症状になった状態です。
めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状があります。処置を行わないと熱射病へと移行し重症化する恐れもあります。

・熱けいれん
大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度が低くなり、手足腹部などに痙攣が起こる症状です。

・熱射病
熱疲労が進行すると、発汗ができなくなり、体に熱がこもるため、体温が40度以上に上昇をします。めまいや吐き気、ショック症状、意識障害などの症状が表れ、重度の場合は命を落とす危険も伴います。医療機関にて素早く適切な処置が必要です。


熱失神

前項では、熱中症は、気温が高い環境で発生する、体の不調などの総称であり、大きく4つに分類するというお話しでした。熱失神、熱けいれん、熱疲労(熱ひはい)、熱射病の4分類となります。
こちらでは、一つづつ更に詳しくご紹介していきます。

☆熱失神とは・・・?
熱中症の中では初期症状とされています。直射日光を浴び続けていたり、高温多湿の室内にいたりすると、血流が減少し唇のしびれ、めまい、突然倒れる軽い失神などの症状があります。
初期症状のため、気付かずそのままやりすごしてしまう人もいますが、急に失神したりすることもありますので、「熱失神かな?」と感じたら、涼しい場所へ行き、水分の補給を行いましょう。

 ☆原因
暑さや高温で皮膚の血管が拡張するため、血流が減少し、血圧が低下することによって引き起こされる。

☆症状
めまい、立ちくらみ、失神、唇のしびれ、足がつる、脈が速くなる、尿が濃くなるなどが症状が起こります。

☆対処法
涼しい場所へ行き、楽な姿勢をとり、衣服などをゆるめます。イオン飲料などで水分や塩分の補給をする。吐き気やおう吐などで水分の補給ができない場合は、すぐに医療機関へ運びましょう。

☆予防
熱中症の事故は、急激に気温が上昇する時などに多発しています。こまめに水分補給をすることや、薄着で体温調節できる服装が好ましいです。また、暑い時は無理な運動などは避けるようにしましょう。

熱失神は、初期症状のため、気付かないこともあります。しかし、急に失神したりすることもありますので、「熱失神かな?」と感じたら、涼しい場所へ行き、こまめに水分の補給を行いましょう。


熱けいれん

熱痙攣(ねつけいれん)について

熱けいれんとは、大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度が低くなり、手足腹部などに痙攣(けいれん)が起こる症状です。

☆原因
熱けいれんは、外気の温度が高く、運動などで大量に汗をかくと、体の中のナトリウムやミネラルが不足します。この状態で、水分だけを補給すると、体内の塩分濃度が低下し、けいれんなどを引き起こします。

☆症状
熱けいれんでは、手、足、腹部などに痛みを伴うけいれんが起こります。熱は平熱程度で上昇することはありませんが、その他、吐き気、嘔吐、頭痛、血圧の低下、腹痛などがあります。暑い状況で大量に汗をかく、スポーツ選手、肉体労働者などに多くみられます。

☆対処法
熱けいれんは少なくとも数分から数時間で収まると言われています。涼しい場所へ移動し、吐き気がないときはイオンウォーターやスポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。
また、けいれんが起きている部分の筋肉をゆっくりと伸ばしたり、優しくマッサージするのも効果的です。しかし、症状が悪化したり、改善がみられない時は、医療機関で治療を受けるようにしましょう。

☆予防
熱けいれんの予防としては、暑い場所で大量に汗をかく場合は、水分だけではなく、塩分などを含むイオンウォーター(電解質水)やスポーツドリンクなどをこまめに補給しましょう。


熱疲労

熱中症の症状の一つである「熱疲労」についてご紹介していきます。

☆熱疲労とは?
熱疲労は熱ひはいとも呼ばれ、大量の汗をかくことにより、体の水分・塩分などの補給が追い付かず、脱水症状になった状態です。めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状があります。
処置を行わないと熱射病へと移行し重症化する恐れもあるので細心の注意が必要です。

☆原因
炎天下や高温多湿時、運動や労働などで大量に汗をかくことにより、体は熱を放出するために血管を拡張させます。そのことから急激な血圧の低下が起こるのが原因です。
体内の水分や塩分が奪われるため、脱水症状やまた、体に熱がこもるため39度程度の熱が出ることもあります。

☆症状
症状はひとそれぞれですが、一般的には、倦怠感や疲労感、めまい、立ちくらみ、頭痛、目のかすみ、口の乾き、吐き気、嘔吐、熱、こん睡などの症状があります。
脈は速くなりますが、血圧は低下します。また、発汗が多くなり、顔や皮膚は蒼白になるのも特徴です。

☆対処法
熱失神、熱けいれんの時と同じですが、涼しい場所へ移動し、吐き気がないときはイオンウォーターやスポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。
しかし、症状が悪化したり、改善がみられない時は、医療機関で治療を受けるようにしましょう。

☆予防
熱疲労は屋外だけでなく高温多湿の屋内でも起こります。
屋内では、通気や換気、エアコンなどで温度調節をしましょう。
大量に汗をかく場合は、水分だけではなく、塩分などを含むイオンウォーター(電解質水)やスポーツドリンクなどをこまめに補給しましょう。


熱射病

熱射病とはどのような状態になることなのか紹介していきます。

熱中症は、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱けいれん、熱射病の大きく4つに分類されますが、中でも一番重度とされるのが、「熱射病」です。
熱疲労が進行すると、発汗ができなくなり、体に熱がこもるため、体温が40度以上に上昇をします。

めまいや吐き気、ショック症状、意識障害などの症状が表れ、重度の場合は命を落とす危険も伴います。医療機関にて素早く適切な処置が必要となります。

☆原因
熱射病は、外気温が高すぎると発汗での体温の調節が間に合わなくなり、熱が体にこもるために起こります。重症化すると死に至る危険もあります。

☆症状
体温は上昇し、40度以上の高熱が出ます。高熱にも関わらず汗をかいていないのが特徴です。
顔面蒼白、吐き気、めまい、頭痛、けいれん、ショック症状、意識障害、こん睡などの症状を伴います。

☆対処法
熱射病の場合は、ただちに救急車で医療機関へ運びます。重度の場合は命に関わりますので、安易な判断はせず、速やかに対応しましょう。
救急車が来るまでは、涼しい場所に移動させ、足を高めにして寝かせたり、意識がはっきりしているようなら、イオンウォーターなどで水分の補給をさせます。
また、体温を下げるために濡れたタオルなどを、首の後ろ、脇の下、足の付け根などに当て冷やします。

☆予防
前項でご紹介した「熱疲労」をそのままにしておくと「熱射病」を引き起こします。
高温多湿により体の不調を感じたらそのままにせず、通気や温度を調節したり、涼しい場所で体を休めて、こまめに水分補給を行いましょう。


水分不足と熱中症の関係

熱中症になると、真っ先に気を付けなくてはいけないのは、体の水分不足による脱水症状です。汗を沢山かいたときなどは、体の中の水分の他にも塩分も不足している状態です。
体が水分不足になることで、熱けいれんを起こしたり、めまいや頭痛、嘔吐など、体に不調をきたします。

☆体の水分不足になるメカニズム
体の体温調節には、皮膚の表面の温度を上げることにより、皮膚から外気中に熱の放出を行う方法、・汗をかくことにより、気化熱を利用して熱を下げる方法の主に2種類があると言われています。
ただ、外気が体温よりも高い温度になると、体温を上げて皮膚の表面からの熱の放出ができなくなってしまい、汗のみの体温調節に頼ることになります。
このため、血液中の水分や塩分が減り、血流が悪くなるため、熱を逃がす機能や体の機能が低下し、めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状が起こります。
また、大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度だけが低くなり、手足腹部などにけいれんを引き起こすこともあります。
そして、そのまま放置することは、熱中症へ症状が移行したり、既に熱中症の軽い症状が出ている場合は重症化する恐れもあるので、適切な対応が必要となります。

☆こまめに水分補給をすることが大切
水分補給は喉が渇いた時に一気に行うのではなく、回数を分けこまめに行うのが効果的です。(一度に200ml程度)スポーツドリンクやイオンウォーターなど、水分だけではなく塩分の補給も忘れないようにしましょう。また、コーヒー、緑茶、ビールなどは、利尿作用があるので、水分補給時には控えましょう。


熱中症と湿度

気温がそんなに高くなくても熱中症になるというのは、みなさんご存じでしょうか?
熱中症は気温だけではなく、湿度の高さによっても引き起こされることがあるのです。

私たちの体は体温の調節をするとき、汗をかくことで、その汗を蒸発させる気化熱を利用して熱を下げています。しかし、外気の湿度が高い状態では、汗が蒸発しないため、汗による気化熱での体温調節ができなくなってしまうのです。

このような状態になると、体は体温調節ができなくなり、体には熱がこもり体温はどんどん上昇していきます。その後、体のだるさやめまいなど体に不調をきたし、熱中症へと繋がっていくのです。

一般的に湿度が75%を超えると、気温がさほど高くなくても熱中症になりやすいと言われています。これから梅雨の時期に入ると、気温は高くないのに湿度が高くなる日が多くなるので、注意が必要です。

☆湿度が高い時は?
・湿度が高い時屋外での対策は?
日陰で風通しの良いところで休憩をとったり、スポーツドリンクなどでこまめに水分の補給をしましょう。
また冷たいタオルを首の後ろなどにあて、体を冷やすことも効果的です。

・湿度が高い時屋内での対策は?
風がある時は窓を開け、部屋を換気しましょう。
また、雨降りの時などは除湿器を使ったり、エアコンで部屋の湿度を下げるようにしましょう。

気温が高くないからと言って、高湿度で我慢するのは熱中症を引き起こしかねません。
特にお年寄りの方や体の弱い方などは注意が必要です。


体温と熱中症の関係

熱中症と私たちの体の体温調節する機能は密接な関係があります。つまり体温調節ができなることが原因となり、熱中症にかかってしまうのです。

外へ出て、直射日光が照り付け気温が上がることで、私たちは「熱中症に注意しよう」と思うことはありますが、熱中症はそれだけではなく、実は「室内」でも「気温がそこまで高くない」状態でも起こることがあるのです。

☆体温調節の機能について
私たちの体の体温調節は主に2種類の方法があると言われています。
・皮膚の表面の温度を上げることにより、皮膚から外気中に熱の放出を行う方法
・汗をかくことにより、気化熱を利用して熱を下げる方法

上記2種類の体温調節の機能があるのですが、外気が体温よりも高い温度になると、体温を上げて皮膚の表面からの熱の放出がうまくいかなくなります。
また、湿度の高い状態では、汗が蒸発しないため、汗による気化熱での体温調節ができなくなります。

このような状態になると、体は体温調節ができなくなり、体には熱がこもり体温はどんどん上昇していきます。
こうして、体に不調をきたし、熱中症へと繋がっていくのです。

ですから、「屋根があるから大丈夫」、「室内にいるから大丈夫」というのは大きな間違いで、体温よりも気温が高く、湿度も高い状態なら、室内でも十分に熱中症は起こりうるのです。

熱中症の初期の状態では、ついつい症状を見落としがちですが、少し気分が悪くなったり、不安に思うことがあれば、こまめに水分補給や温度の調節、休息などをとり、熱中症の予防をすることも大切です。


外気と体温の差

6月も半ばを過ぎると、いよいよ夏本番を迎え9月の残暑まで暑さは続きますが最高気温は下がっていきます。しかし、テレビニュースなどで「最高気温にならなくても熱中症にはなる」ことを聞いたことがあるでしょうか?

もちろん熱中症の原因としては、「外気の気温の高さ」も関係があるのですが、それにも増して「湿度の高さ」というのが熱中症の要因の一つでもあるのです。

東京消防庁の調べによりますと、気温がさほど高くなくても、湿度が70%を超えると熱中症による救急車の出動要請が多くなるのだそうです。ですから、熱中症予防は、気温とともに湿度も気にする必要があるのです。

☆暑さを感じるメカニズム
私たちの体は、気温が高くなったりスポーツをしたり体を動かすことで、熱が生まれます。熱は体にこもると、体内にある内臓などが機能が低下するため、何とかして熱を体の外に出そうとします。
外気温が体温より低い場合は、空気中への熱が移行しやすく、体温を一定に保ちやすいのですが、外気温が体温と同等、もしくはそれよりも高くなると熱が空気中に移行しにくくなり、体に熱がこもってしまうのです。
そうなると私たちは「暑い」と感じてしまいます。

☆汗でも体温調節
外気温が高くなると、上記のように体内にこもった熱が空気中に移行できないため、私たちの体は、汗を流してその気化熱によって体温の調節を行おうとします。
しかし、この時、湿度が高くなっていると、汗が蒸発しにくくなり気化熱によっても体温の調節ができなくなってしまうわけです。
このようにして、外気温・湿度が上がることにより、体温調節が機能しなくなってしまうことから、体温が上昇し熱中症を引き起こしてしまうのです。


熱中症になりやすい人は?

熱中症といっても、健康な人と体調を崩している人では、体調を崩している人の方が熱中症になりやすくなります。
ここでは、熱中症になりやすく、特に気を付けなくてはいけない人についてご紹介していきましょう。

☆年齢によるもの
ある、年齢別でみる熱中症死亡率のグラフによると、70歳以上の高齢者の割合が非常に高くなっています。続いて生後5歳までの乳幼児となります。
高齢者の場合は、汗をかきにくく、体の体温を調節する機能が低下していることにより引き起こされる場合があります。また、持病をもっている人は、立ちくらみや頭痛など、熱中症の症状が出ても持病のせいだと思ってしまう方もいるようです。更に、お年寄りは喉の渇きに気づきにくく、気付いた時には脱水症状を引き起こしているというケースもみられるようです。
乳幼児の場合は、体温を調節する機能が整っていない上に、暑さを感じても自分で服を脱ぎ着したり水分を補給して調節するのが難しいためです。

☆性別によるもの
男女の性別の違いによっても熱中症になりやすい、なりにくいというのが分れるのはご存じでしょうか?
東京消防庁の熱中症になり救急車で運ばれる割合というのも、全ての年代において女性より男性が多いという結果が出ています。

☆太っている人
太っている人の場合、体の脂肪が熱を閉じ込めてしまうため、体温が上がりやすくなります。
このため、熱中症を引き起こしやすくなります。

その他、心臓や胃腸などが弱く、持病のある方や、体調が悪い方、体力がない方、二日酔いの方なども熱中症にかかりやすいので注意が必要です。


熱中症と激しい運動

夏に向け、気温が上がってくると、熱中症により救急車で搬送されたなどのニュースを良く耳にします。
では、どんな状況下で特に熱中症に気を付けなくてはここでは考えて行きましょう。

☆激しい運動のとき
屋外、屋内で気温や湿度の高い状況で、スポーツなどの激しい運動を行った場合、体温の上昇を調節するため体からは大量の汗が出ます。しかし、運動で筋肉を使うことにより、筋肉に血液が必要となり、体の中の水分が減ることになります。
その状態で運動を続けると、体の水分・塩分などが追い付かなくなり脱水症状になったり、体の熱を調節できなくなり熱中症を引き起こしやすくなります。

☆熱中症予防に運動時に気を付ける事
・熱中症は屋外だけではなく、屋内でも起こりやすい。
特に梅雨時期は湿度も高くなっていますので、屋外の気温がさほど高くなくても注意が必要です。また、梅雨明けなどは急に暑くなる場合がありますので、前日との気温の差が激しいときなども注意しましょう。

・熱がこもりやすい防具や、厚手の着衣などを身に付けるスポーツ
剣道、ラグビー、アメフト、柔道など、熱がこもりやすい着衣を身に付けるスポーツは、汗が発散しにくいので注意が必要です。また、ダッシュや走り込みなど、大量に汗をかく場合も注意が必要です。

☆熱中症対策は?
・適度に休憩を入れましょう
休憩は風通しが良く日陰になっているところで行います。30分に一度程度を目安にします。
イオンウォーターなどで水分の補給と、防具など身に付けるスポーツの場合は着衣を取ったり、替えたりして体温を調節するようにしましょう。

・35度以上の時は運動を避ける
直射日光を浴び続けながらの長時間の運動は熱中症を引き起こします。
運動は、準備運動から徐々に始め、気温を見て行うようにしましょう。


暑さに慣れることも大切?

熱中症は、梅雨の中休みや梅雨明け直後が特に多いと言われています。これは、雨が止んで気温が急激に上昇するにも関わらず、体がその暑さに慣れていないため起こるとも言われています。

もちろん、熱中症の予防には、薄着やイオンウォーターなどで水分補給なども大切ですが、暑さに体を慣らすという対策も熱中症予防には必要なのです。熱中症の予防のため「暑さに体を慣らす対策」をすることを、専門的には「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と呼ばれています。

では、暑さに体を慣らすためには、何をしたらいいのか?ということですが、手っ取り早く言えば、「暑さのあるところで運動をして汗をかき、しっかりと水分の補給をする」ということです。

汗をかくことで、汗腺が鍛えられしっかりと働きをするようになります。また同時に体液の量が増えて体温の上昇を防いだり、水分補給後の体液量の回復が早くなったりする研究結果もあるようです。

運動は、激しいものでなくても大丈夫です。
ウォーキング、ストレッチ、ジョギングなど自分のできる範囲で運動を行い、しっかりと汗をかくことが大切です。

もちろん、運動の強度などでも変わりますが、1週間程度このような運動を続けることにより、体は「暑さ」に慣れてくると言われています。

暑さを感じると、私たちはすぐに涼しいところを求め、エアコンに頼りがちになるところもありますが、暑さから非難することだけではなく、暑さに対応できる体作りも、熱中症予防には大切なのです。