熱中症とは

春から夏にかけ、気温もどんどん上昇し、太陽の光がジリジリと照り付ける季節へと変わっていきます。そんな暑い夏に良く聞くのが「熱中症」という症状ですよね。みなさんは、この「熱中症」という症状についてご存じしょうか?

☆熱中症とは・・・?
気温が高い環境で発生する、体の不調などの総称です。
人間の体は、常時体温を保つために、気温が上がれば汗を出し、体を冷やそうとします。しかし、長時間高温や多湿の場所にいると、汗と共に体の塩分や水分を奪われてしまったり、湿度が高い場合は、汗が上手く蒸発せず体に熱が溜まった状態になってしまうことが原因で引き起こされるのです。

熱中症を大きく分類すると、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱けいれん、熱射病、の4つに分類されます。後ほど詳しくご紹介しますが、ここでは簡単に種類と原因をご紹介します。

・熱失神
熱中症の中では初期症状とされています。直射日光を浴び続けていたり、高温多湿の室内にいたりすると、血流が減少し唇のしびれ、めまい、突然倒れる軽い失神などの症状があります。

・熱疲労(熱ひはい)
大量の汗をかくことによって、体の水分・塩分などが追い付かず、脱水症状になった状態です。
めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状があります。処置を行わないと熱射病へと移行し重症化する恐れもあります。

・熱けいれん
大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度が低くなり、手足腹部などに痙攣が起こる症状です。

・熱射病
熱疲労が進行すると、発汗ができなくなり、体に熱がこもるため、体温が40度以上に上昇をします。めまいや吐き気、ショック症状、意識障害などの症状が表れ、重度の場合は命を落とす危険も伴います。医療機関にて素早く適切な処置が必要です。