熱中症予防の方法

熱中症は、高温多湿時に、激しいスポーツや労働をしている時だけに起こるのではなく、私たちが日常生活をしている中でも起こりうるものです。

特に、小さなお子さんやお年寄り、病気などで体の弱っている方は、熱中症にもかかりやすく、悪化すると死亡する恐れもあります。

日本では、気象庁において高温が予想される時「高温注意情報」を発表したり、環境省では、全国約150地点における「暑さ指数」の速報・予報などをパソコン・携帯電話向けに情報提供を行っています。
このような情報を参考にし、熱中症にかからないように、予防や対策を行うようにしましょう。

☆熱中症はいつ起こる・・・?
・起こりやすい場所は?
直射日光の当たる場所や高温多湿の屋内外(グラウンド、作業倉庫、工場、体育館、レジャー先など)
・どんな時に起こりやすいか?
梅雨の晴れ間や梅雨明けなど、気温が急激に上昇するときなど

☆熱中症を予防するには・・・・?
熱中症が起こりやすい場所や時期などは、しっかりと予防や対策をしておくことで防ぐことができます。暑くなる前にまずはしっかりと知識を身に付けておきましょう。
・暑さ対策をしましょう
直射日光に当たり続けるのは避け、できるだけ日陰にいるようにしましょう。日陰がない場合は、帽子や日傘をさすなど暑さ対策を忘れないようにしましょう。
また、屋内で湿度の高い場合は、換気をして通気を良くしたり、扇風機やエアコンを使い、温度調節を行うようにしましょう。
・こまめに水分補給を行いましょう
気温が高くなると体は汗の気化熱により体温調節を行おうとうするため、汗を多くかきます。このとき、水分補給をおこなわないと、血液中の水分や塩分が減り、血流が悪くなるため、熱を逃がす機能や体の機能が低下し、めまい、立ちくらみ、脱力、疲労・・・といった様々な症状を引き起こします。
水分補給は一度に大量に行うのではなく、回数を分けこまめに行うのが効果的です。(一度に200ml程度)
スポーツドリンクやイオンウォーターなど、水分だけではなく、塩分の補給もするようにしましょう。
また、コーヒー、緑茶、ビールなどは、利尿作用があり、逆に脱水症状を引き起こす危険もありますので、水分補給時には控えましょう。

・日頃から体力づくりをしましょう。
熱中症は、梅雨の晴れ間や梅雨明け直後が特に多いと言われています。これは、雨が止んで気温が急激に上昇するに、体がその暑さに慣れていないため起こるからです。ですから、日頃から暑さに体を慣らしておく、というのも熱中症の予防方法ともいえます。
運動は、ウォーキングやジョギングなど自分で手軽にできる範囲のもので大丈夫です。しっかりと汗をかき、その分きちんと水分補給をしていきます。このことで、汗腺が鍛えられたり、水分補給後の体液量の回復が早くなったりするとも言われています。運度の強度にもよりますが、運動を続けることにより、約1週間ほどで体が熱さに慣れることができます。