熱中症対策のまとめ

熱中症について、予防、対策、処置方法について知識を持っておくことは大切です。
熱中症の対策について要点だけをまとめました。

 ★熱中症とは?
気温が高い環境で発生する、体の不調などの総称です。
体に溜まった熱を発散できなくなるため、体温が上昇し、体内の機能が低下するため引き起こされる症状です。

 ★熱中症の分類
熱失神
熱中症の中では初期症状とされています。直射日光を浴び続けていたり、高温多湿の室内にいたりすると、血流が減少し唇のしびれ、めまいなどが起こります

熱けいれん
大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度が低くなり、手足腹部などに痙攣が引き起こされる症状です。

熱疲労(熱ひはい)
大量の汗をかくことによって、体の水分・塩分などが追い付かず、脱水症状になった状態です。めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状があります。

熱射病
体に熱がこもり、体温が40度以上に上昇をします。
めまいや吐き気、ショック症状、意識障害などの症状が表れます。重度の場合は命を落とす危険も伴います。医療機関にて素早く適切な処置が必要です。

★熱中症で気を付ける事
・熱中症は屋外だけではなく、屋内でも起こりやすい。
気温がさほど高くなくても湿度が高ければ、熱中症はおこります。
また、梅雨明けなどは急に暑くなる場合がありますので、前日との気温の差が激しいときなども注意が必要です。

熱中症予防は?
・暑さ対策をしましょう
・こまめに水分補給を行いましょう
・日頃から体力づくりをしましょう。

 熱中症は放置しておくと命に危険が及ぶこともある症状なので、しっかりとした知識を身に付け、熱中症対策をしておくことが大切です。