熱中症と湿度

気温がそんなに高くなくても熱中症になるというのは、みなさんご存じでしょうか?
熱中症は気温だけではなく、湿度の高さによっても引き起こされることがあるのです。

私たちの体は体温の調節をするとき、汗をかくことで、その汗を蒸発させる気化熱を利用して熱を下げています。しかし、外気の湿度が高い状態では、汗が蒸発しないため、汗による気化熱での体温調節ができなくなってしまうのです。

このような状態になると、体は体温調節ができなくなり、体には熱がこもり体温はどんどん上昇していきます。その後、体のだるさやめまいなど体に不調をきたし、熱中症へと繋がっていくのです。

一般的に湿度が75%を超えると、気温がさほど高くなくても熱中症になりやすいと言われています。これから梅雨の時期に入ると、気温は高くないのに湿度が高くなる日が多くなるので、注意が必要です。

☆湿度が高い時は?
・湿度が高い時屋外での対策は?
日陰で風通しの良いところで休憩をとったり、スポーツドリンクなどでこまめに水分の補給をしましょう。
また冷たいタオルを首の後ろなどにあて、体を冷やすことも効果的です。

・湿度が高い時屋内での対策は?
風がある時は窓を開け、部屋を換気しましょう。
また、雨降りの時などは除湿器を使ったり、エアコンで部屋の湿度を下げるようにしましょう。

気温が高くないからと言って、高湿度で我慢するのは熱中症を引き起こしかねません。
特にお年寄りの方や体の弱い方などは注意が必要です。