熱失神

前項では、熱中症は、気温が高い環境で発生する、体の不調などの総称であり、大きく4つに分類するというお話しでした。熱失神、熱けいれん、熱疲労(熱ひはい)、熱射病の4分類となります。
こちらでは、一つづつ更に詳しくご紹介していきます。

☆熱失神とは・・・?
熱中症の中では初期症状とされています。直射日光を浴び続けていたり、高温多湿の室内にいたりすると、血流が減少し唇のしびれ、めまい、突然倒れる軽い失神などの症状があります。
初期症状のため、気付かずそのままやりすごしてしまう人もいますが、急に失神したりすることもありますので、「熱失神かな?」と感じたら、涼しい場所へ行き、水分の補給を行いましょう。

 ☆原因
暑さや高温で皮膚の血管が拡張するため、血流が減少し、血圧が低下することによって引き起こされる。

☆症状
めまい、立ちくらみ、失神、唇のしびれ、足がつる、脈が速くなる、尿が濃くなるなどが症状が起こります。

☆対処法
涼しい場所へ行き、楽な姿勢をとり、衣服などをゆるめます。イオン飲料などで水分や塩分の補給をする。吐き気やおう吐などで水分の補給ができない場合は、すぐに医療機関へ運びましょう。

☆予防
熱中症の事故は、急激に気温が上昇する時などに多発しています。こまめに水分補給をすることや、薄着で体温調節できる服装が好ましいです。また、暑い時は無理な運動などは避けるようにしましょう。

熱失神は、初期症状のため、気付かないこともあります。しかし、急に失神したりすることもありますので、「熱失神かな?」と感じたら、涼しい場所へ行き、こまめに水分の補給を行いましょう。