熱けいれん

熱痙攣(ねつけいれん)について

熱けいれんとは、大量に汗をかいた後に水分補給のみを行うと、血液中の塩分の濃度が低くなり、手足腹部などに痙攣(けいれん)が起こる症状です。

☆原因
熱けいれんは、外気の温度が高く、運動などで大量に汗をかくと、体の中のナトリウムやミネラルが不足します。この状態で、水分だけを補給すると、体内の塩分濃度が低下し、けいれんなどを引き起こします。

☆症状
熱けいれんでは、手、足、腹部などに痛みを伴うけいれんが起こります。熱は平熱程度で上昇することはありませんが、その他、吐き気、嘔吐、頭痛、血圧の低下、腹痛などがあります。暑い状況で大量に汗をかく、スポーツ選手、肉体労働者などに多くみられます。

☆対処法
熱けいれんは少なくとも数分から数時間で収まると言われています。涼しい場所へ移動し、吐き気がないときはイオンウォーターやスポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。
また、けいれんが起きている部分の筋肉をゆっくりと伸ばしたり、優しくマッサージするのも効果的です。しかし、症状が悪化したり、改善がみられない時は、医療機関で治療を受けるようにしましょう。

☆予防
熱けいれんの予防としては、暑い場所で大量に汗をかく場合は、水分だけではなく、塩分などを含むイオンウォーター(電解質水)やスポーツドリンクなどをこまめに補給しましょう。