熱疲労

熱中症の症状の一つである「熱疲労」についてご紹介していきます。

☆熱疲労とは?
熱疲労は熱ひはいとも呼ばれ、大量の汗をかくことにより、体の水分・塩分などの補給が追い付かず、脱水症状になった状態です。めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気や嘔吐などの症状があります。
処置を行わないと熱射病へと移行し重症化する恐れもあるので細心の注意が必要です。

☆原因
炎天下や高温多湿時、運動や労働などで大量に汗をかくことにより、体は熱を放出するために血管を拡張させます。そのことから急激な血圧の低下が起こるのが原因です。
体内の水分や塩分が奪われるため、脱水症状やまた、体に熱がこもるため39度程度の熱が出ることもあります。

☆症状
症状はひとそれぞれですが、一般的には、倦怠感や疲労感、めまい、立ちくらみ、頭痛、目のかすみ、口の乾き、吐き気、嘔吐、熱、こん睡などの症状があります。
脈は速くなりますが、血圧は低下します。また、発汗が多くなり、顔や皮膚は蒼白になるのも特徴です。

☆対処法
熱失神、熱けいれんの時と同じですが、涼しい場所へ移動し、吐き気がないときはイオンウォーターやスポーツドリンクなどで水分補給を行いましょう。
しかし、症状が悪化したり、改善がみられない時は、医療機関で治療を受けるようにしましょう。

☆予防
熱疲労は屋外だけでなく高温多湿の屋内でも起こります。
屋内では、通気や換気、エアコンなどで温度調節をしましょう。
大量に汗をかく場合は、水分だけではなく、塩分などを含むイオンウォーター(電解質水)やスポーツドリンクなどをこまめに補給しましょう。