熱帯夜に注意

夏から秋口の残暑にかけ、夜は暑かったり蒸し蒸ししたりで寝苦しくなりますよね。朝起きたら寝汗をかなりかいていた、なんて経験も少なくはないのではないでしょうか。ところで、みなさんは「熱帯夜」と言う言葉をご存じだと思います。

詳しくは分らなくても、天気予報や情報番組などで耳にされることはあるのではないでしょうか。「熱帯夜」というのは、気象庁によれば、夕方~翌日の朝までの最低気温が、摂氏25℃以上になる夜のことをいうのだそうです。こういった夜は、非常に暑くて寝苦しくなり、そのままではしっかりとした睡眠がとれないため、疲れを翌日に持ち越してしまうこともあります。

☆熱帯夜の対策を
熱帯夜の対策では、なんといってもエアコンで温度調節をするのが一番ですが、切り忘れて、部屋を冷やし過ぎてしまい風邪を引くといったことも良くありがちです。エアコンを使う時は、3時間程度のタイマーセットを忘れずに。また、室温は外気の気温にもよりますが26度程度が良いようです。

また、室温と共に湿度も高い場合は、除湿冷房も効果的です。湿度は50~60%くらいが快適に眠ることができる基準だそうです。

その他、電気を使わない熱帯夜の対策としては、水枕やアイスノンを使ったり、熱用の冷却シートをおでこに貼ったりするものひんやりと眠れる方法です。

また最近よく見掛けるのは、敷布団の上に敷くゴザマットなどもい草の良い香りでリラックスできるとともに、涼しく眠ることができますね。