猫の熱中症

猫は人間に比べて汗腺が少なく、肉球の周りにしか汗腺がありませんので、人間のように汗で体温を調節することができません。

通常は、パンティングといって呼吸をすることにより体にたまった熱を放出し体温を調節していますが、外気の温度に追いつけず、体に熱がたまってしまうと、熱中症にかかる危険があります。

★熱中症になる原因は?
犬と同様に、自動車の中に閉じ込められて熱中症にかかるというケースが多いようです。車内は真夏ではなくても、高温になることもあり、熱中症事故へと繋がります。
猫を車内に置いたまま、車を離れる時は、クーラーなどで車内温度の調節をしてあげることが大切です。

また、熱中症にかかりやすい猫というのも犬と似ています。
短頭種と呼ばれる種類で、呼吸の効率が良くないとされる鼻先の短い猫が特に熱中症に気を付けなくてはいけません。具体的には、ペルシャ猫などです。それ以外では持病のある猫や、被毛が濃さや肥満の猫も注意が必要です。

★猫の熱中症の症状は?
パンティング(ハァハァと喘ぐ息)をし、よだれを流します。
ふらつきながら歩く、目や粘膜が充血している、食欲不振、嘔吐なども猫の熱中症の症状です。この辺りは犬とも共通するところがあります。

初期症状であればまずは飼い主で処置をし、その後病院へ連れて行きます。熱中症の症状がひどくなれば、嘔吐や痙攣が起こるなど重傷化していきます。さらに重症化すると死亡する場合もありますので、注意が必要です。

★初期の軽い症状の応急処置
涼しい場所で肢の付け根部分や、首筋部分を冷やしたり、体を濡らします。
その後少しづつ水分を補給するようにし、症状を連絡後、病院へ連れていくようにしましょう。
又、ひどい場合は、すぐに病院へ連れていき、適切な処置をしてもらうようにしましょう。