高齢者の熱中症予防

上項では、高齢者が熱中症にかかりやすいということで、その原因をいくつかご紹介しました。

お年寄りのいるご家庭では周囲がお年寄りに目を配り、高齢者自身も症状の早期発見ができるよう対策をしておく必要があります。

そこで今回は、お年寄りの熱中症の予防方法をご紹介します。

☆高齢者の熱中症予防

・こまめな水分補給が大切

加齢するにつれ体のあらゆる機能などが若い頃に比べると衰えてきます。そのようなことから喉の渇きを感じにくくなる方が多いようです。

喉が乾かないので、暑くても水分補給を忘れがちで、脱水症状を引き起こすこともあります。

喉が渇いてから水分を補給していたのでは遅い場合もありますので、お年寄りの方は定期的に水分を少しづつでも補給しておくようにしましょう。

・屋内でも注意を

前項でもご紹介したように、加齢するごとに人間は汗をかきにくくなり、汗の量も少なく、体に熱がこもりやすくなってしまいます。また、知覚衰えてきていることから、暑さを感じにくい体になっています。

このことからも、熱中症の発覚も遅れてしまいがちになり、気付いた時には重症化しているケースもありますので十分注意が必要です。

・エアコンで室温の調節も

お年寄りの方は、エアコンやクーラーが苦手だったり、または暑くても我慢をしてしまう方も多いのではないでしょうか。

ただ、そのように暑さに我慢し続けることにより、体への負担は大きくなり、室内でのお年寄りの熱中症事故もなくならないのも事実です。

暑い時は、我慢しすぎないように、体に負担がかからない温度で過ごすことも大切です。