高齢者の熱中症

熱中症には、特に高齢者と小さなお子さんに注意が必要です。ある、年齢別でみる熱中症死亡率のグラフによると、70歳以上の高齢者の割合が非常に高くなっています。

高齢者の場合、熱中症にかかると重症化しやすく命を落とす危険も伴います。高齢者の熱中症は、どんな時に起こりやすいのか、どういった症状を引き起こすのか、しっかりと知識にして、熱中症を予防し暑い夏を乗り切りましょう。

☆高齢者が熱中症になりやすい原因
・高齢者は汗をかきにくい
加齢するごとに人間は汗をかきにくくなり、汗の量も少なく、体に熱がこもりやすくなってしまいます。また、汗が出ないことによって、熱中症の発覚も遅れてしまいがちになります。

・身体の機能の低下によるもの
暑さを感じたりする自覚症状が遅れるため、熱中症になった場合は重症化しやすくなる恐れがあります。

・水分の摂取量が少ない
高齢者は喉の渇きの感覚も鈍くなっていますので、水分補給が遅れがちになります。喉の渇きを覚えてから水分を摂るのでは脱水症状を引き起こしたりと、遅い場合もある。

・持病と間違えてしまう
持病がある高齢者は、立ちくらみや頭痛、頻脈、血圧の低下など、熱中症の症状が出ても、「持病のせい」だと思ってしまう方もいるようです。

上記のことからも、高齢者の場合、熱中症と自覚するのが遅れてしまいがちになります。また、気付いた時には。症状が進み更に重症化しているケースもみられます。このような点から考えても、お年寄りのいるご家庭では周囲が目を配ったり、高齢者自身も症状の早期発見ができるよう対策をしておく必要があります。