子供の熱中症予防

前項に引き続き、子供の熱中症についてです。

熱中症は、高齢者に次いで子供(特に乳幼児)多くなります。また熱中症にかかると急速に重症化しやすく、注意も必要です。

特にベビーカーに乗っている赤ちゃんは、立っている大人より地面との距離が近いため、地面からの照り返しを多く受けやすく、大人が感じる外気温より2~3度高く感じるのだそうです。

★子供の熱中症予防には・・・?
・こまめに給水しましょう。
子供は代謝が良く、汗をかきやすいので、定期的な給水を心掛けましょう。喉が渇いたと感じてからでは遅い場合もありますので、少しづつでも水分を補給することが大切です。

・服装は熱を溜め込まないものを。
風通しが良く涼しい服装を心掛けましょう。屋外に出る時は帽子をかぶるようにしましょう。また、屋内では冷房がきき過ぎている場合もありますので、脱ぎ着しやすい服装を心掛けましょう。

・子供の熱中症のサインを見逃さないように
気温の高い日は、直射日光の当たる場所で遊ぶのは控えた方が良いでしょう。また、顔色が悪かったり、だるそうにしていたり、熱中症の兆候が見られたら、すぐに涼しい場所で休憩をしましょう。

・ベビーカーで散歩する時も時間に注意をして
冒頭でもあるように、ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、地面との距離が近いため、地面からの照り返しを多く受けやすくなります。散歩する時間は、日差しがきつくなる時間帯は避け、午前中や夕方などにしましょう。