熱中症と激しい運動

夏に向け、気温が上がってくると、熱中症により救急車で搬送されたなどのニュースを良く耳にします。
では、どんな状況下で特に熱中症に気を付けなくてはここでは考えて行きましょう。

☆激しい運動のとき
屋外、屋内で気温や湿度の高い状況で、スポーツなどの激しい運動を行った場合、体温の上昇を調節するため体からは大量の汗が出ます。しかし、運動で筋肉を使うことにより、筋肉に血液が必要となり、体の中の水分が減ることになります。
その状態で運動を続けると、体の水分・塩分などが追い付かなくなり脱水症状になったり、体の熱を調節できなくなり熱中症を引き起こしやすくなります。

☆熱中症予防に運動時に気を付ける事
・熱中症は屋外だけではなく、屋内でも起こりやすい。
特に梅雨時期は湿度も高くなっていますので、屋外の気温がさほど高くなくても注意が必要です。また、梅雨明けなどは急に暑くなる場合がありますので、前日との気温の差が激しいときなども注意しましょう。

・熱がこもりやすい防具や、厚手の着衣などを身に付けるスポーツ
剣道、ラグビー、アメフト、柔道など、熱がこもりやすい着衣を身に付けるスポーツは、汗が発散しにくいので注意が必要です。また、ダッシュや走り込みなど、大量に汗をかく場合も注意が必要です。

☆熱中症対策は?
・適度に休憩を入れましょう
休憩は風通しが良く日陰になっているところで行います。30分に一度程度を目安にします。
イオンウォーターなどで水分の補給と、防具など身に付けるスポーツの場合は着衣を取ったり、替えたりして体温を調節するようにしましょう。

・35度以上の時は運動を避ける
直射日光を浴び続けながらの長時間の運動は熱中症を引き起こします。
運動は、準備運動から徐々に始め、気温を見て行うようにしましょう。