暑さに慣れることも大切?

熱中症は、梅雨の中休みや梅雨明け直後が特に多いと言われています。これは、雨が止んで気温が急激に上昇するにも関わらず、体がその暑さに慣れていないため起こるとも言われています。

もちろん、熱中症の予防には、薄着やイオンウォーターなどで水分補給なども大切ですが、暑さに体を慣らすという対策も熱中症予防には必要なのです。熱中症の予防のため「暑さに体を慣らす対策」をすることを、専門的には「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と呼ばれています。

では、暑さに体を慣らすためには、何をしたらいいのか?ということですが、手っ取り早く言えば、「暑さのあるところで運動をして汗をかき、しっかりと水分の補給をする」ということです。

汗をかくことで、汗腺が鍛えられしっかりと働きをするようになります。また同時に体液の量が増えて体温の上昇を防いだり、水分補給後の体液量の回復が早くなったりする研究結果もあるようです。

運動は、激しいものでなくても大丈夫です。
ウォーキング、ストレッチ、ジョギングなど自分のできる範囲で運動を行い、しっかりと汗をかくことが大切です。

もちろん、運動の強度などでも変わりますが、1週間程度このような運動を続けることにより、体は「暑さ」に慣れてくると言われています。

暑さを感じると、私たちはすぐに涼しいところを求め、エアコンに頼りがちになるところもありますが、暑さから非難することだけではなく、暑さに対応できる体作りも、熱中症予防には大切なのです。