熱中症を知り熱中症予防に役立てましょう

熱中症は予防することが出来ますので、まず熱中症についての知識を得ることが大切です。

熱中症について知ることで水分、塩分、ミネラルの補給が大切な事や、熱中症の症状が分かることで、もしもの時に対応することが出来ます。

熱中症には症状によって段階があり、熱中症になったことを気付かないと意識を失って倒れたり最悪の事態にもなりかねません。初期段階が熱失神・熱けいれん、次の段階が熱疲労(熱ひはい)、3段階目が熱射病です。

熱中症予防は暑い季節を過ごすためにはとても大切で、知識を得ることで家族や周りの人の体調の変化にもいち早く気付くことができるようになります。

また、最高気温が高くなくても熱中症になりやすい湿度や状況が揃うと熱中症になる危険度が高くなりますし、乳幼児や老人など年齢によっても危険度が変わるのでいろいろな状況で起こるパターンを知っておくことはとても重要です。

自身と家族、飼っているペットや友人知人の健康のために熱中症について知り、対処できるようになりましょう。